教育という病

中野円佳のナナメ読み ◆内田良『教育という病』(光文社新書、2015年) すべての学校関係者、そして子育て中の保護者に読んでほしい。「感動的だから」「一体感をうむから」「教育のためだから」…という論理によって学校で起こる生徒・教師への様々なリスクがテーマ。 この本が取り上げるのは、組体操をはじめとする学校内での活動によって、重い障害や生死にも関わるような事故がいかに「典型的」に起こっているか。知識さえ […]

Continue reading


 幼児教育の経済学

中野円佳のナナメ読み ◆ジェームズ・J・ヘックマン『幼児教育の経済学』(東洋経済新報社、2015年) http://www.amazon.co.jp/dp/4492314636 「5歳までの教育は学力だけでなく健康にも影響する」「6歳時点の親の所得で学力に差がついている」「ふれあいが足りないと子の脳は委縮する」――。この本の帯に踊る文言に慌てる子育て世代は多いのではないでしょうか。別に帯に嘘が書いてあ […]

Continue reading


 自己紹介(中野円佳)

はじめまして、女性活用ジャーナリスト/研究者の中野円佳と申します。大学卒業後新聞記者をしていたのですが、自身の妊娠を機に出産後の女性のキャリアと育児についての葛藤を研究しはじめ、昨年『「育休世代」のジレンマ』という本にまとめました。その後新聞社を退職し、チェンジウェーブという会社で企業のダイバーシティ推進のお手伝いをしながら女性活用や働き方の問題について発信を続けています。 このサイトでは不定期で、「 […]

Continue reading